投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

Translate

ホテルアムステルダムのローラアシュレイルーム

本当はホテルヨーロッパ派の私ですが、2015年までは、ホテルアムステルダムのローラアシュレイルームを利用していました。

なぜかというと、ホテルヨーロッパのクラブラウンジは2015年までは、中学生未満の子どもは利用できなかったから。ですが、ホテルアムステルダムのローラアシュレイルームについているラウンジは、当時でも小さい子連れでも大丈夫だったの。


ローラアシュレイルーム 〜お部屋について〜 ローラアシュレイルームは、全て4Fにあり、お部屋はハーバー側とパーク側、そしてアムステルダムフェーン側(壁ビュー)に分かれます。アムステルフェーン側の部屋は、本当にアムステルフェーンの壁しか見えませんが、他の部屋(45平米)と比べると広く(61平米)、トリプルルームなどに充てられています。

どうしてもハーバー側、どうしてもパーク側という希望がある場合は、2017年5月現在、+3,000円で部屋の指定ができます。

例えば、花火の日にハーバー側指定したり、3Dプロジェクションマッピングを見るためにパーク側の部屋の中でも、3Dプロジェクションマッピングの見られる部屋にするなどです。
なお、部屋指定は、ローラアシュレイルームだけでなく、他の部屋でもできます。

私は、3Dプロジェクションマッピングやイルミネーションは外で見る派なので、ローラアシュレイルームに泊まる時には常にハーバー側指定です。
ローラアシュレイルームは、まあ、壁紙やらベッドスプレットやらがローラアシュレイってだけなんですが、なかなか良い感じのお部屋です。でも、私にはちょっと物足りない。
ホテルアムステルダムは、もともと、アーバンカジュアルを目指して創られたホテルで、そんなに「高級」を目指しているわけではないんです。だから、たとえスイートでも、そこそこカジュアル。壁紙やベッドスプレットがローラアシュレイでも、やっぱりカジュアル。
ただね、娘はとても喜びます。お花好きだから。
それに、やっぱり可愛いとは思います。
何かと重たい感じのホテルヨーロッパに比べると、ホテルアムステルダムのお部屋は明るいんです。そして、一番狭い部屋でも、広い! 天井も高い! 窓も大きい。
でも、私には、物足りないんだよね。 だって、私はハウステンボスには、たまの贅沢に来ているから。
お財布すっからかんになっても贅沢したい! 女王様扱いしてほしい! 部…