投稿

2016の投稿を表示しています

Translate

変なホテル(2)

イメージ
この前、途中まで書いた変なホテル(1)の続きです。



5. 変なホテルは、オフィシャルホテルだけど、安い
ホテルヨーロッパへの愛が強すぎて、変なホテルへのコメントがろくでもないものになってしまっているけど、ビジネスホテルとしては悪くありません。

変なホテルは新しくてキレイだし、見るからに清潔。
そして、部屋は広いとは言えないけど、機能的。

ホテルヨーロッパやホテルアムステルダムは部屋は広いのですが、家具とかが無駄に大きいし、コンセントの位置や数などが昔風で、使い難い。

また、ホテルヨーロッパやホテルアムステルダムは、老朽化が否めません。頑張って掃除してあるんで、清潔感はあるんだけど、リノベーションしていない部屋はやっぱり色が褪せているし、シンクなんかもボロになってきたなぁと思う。

そして、何より違うのは値段の差でしょう。

部屋やプランによって多少違うけど、大人2人小学生2人(添い寝)で平日に泊まると
ホテルヨーロッパなら5〜6万
ホテルアムステルダムなら4〜5万
変なホテルなら2〜3万
ってところ。

ホテルヨーロッパの半分くらいなんですよ。変なホテルは。

スリーホテルズではないけど、直営のオフィシャルホテル。
オフィシャルホテルだけど、安い。
それが「変なホテル」の長所なのかもしれません。

6. 変なホテルの娘と甥っ子の大喜びポイント その2
その1の方にはチェックイン前の娘と甥っ子の大喜びを書きましたが、チェックイン後も子供たちが喜ぶポイントがけっこうあります。

この前の続きです。

5)顔認証システムがけっこう面白い
変なホテルは、顔認証システムで、鍵がなくても部屋に入れます。これ、子供達にとってはけっこう画期的なんですよ。意味なく、出たり入ったりしたくなっちゃうくらいには楽しいらしいです。

私は割とどーでもよかったんだけど、妹も喜んで出たり入ったりしてました。妹かわいいよ、妹(妹もしっかりおばちゃんなんだけどね、笑)。

6)ちゅーりーちゃんがウザかわいい
部屋の中には、ちゅーりーちゃんがいて、話しかけると電灯を点けたり消したりしてくれます。テレビとかもね。

「クイズだして〜」とか、頼むと、クイズなんかも出してくれるし、「歌を歌って〜」と、頼むと歌も歌ってくれます。

でも、音声認識がまだちゃんとうまくいってないので、誤認も多くて、電灯を消して欲しいのに点けたり、皆…

変なホテル(1)

イメージ
甥っ子&娘が泊まりたいというので、泊まってきました。
甥っ子の母である妹も一緒。

変なホテルは、2015年7月17日にオープンしたハウステンボスの一番新しいホテルです。
けっこう有名だけど、フロント業務や荷物の一時預かりなどをロボットがやってます。

当然、掃除はルンバ、窓拭きもルンバ型、芝刈りもルンバ型ね。
コンセプトは「変(へん)」じゃなくて「変わり続ける」ホテル。
1. 変なホテル、あまり気が進まなかったけど… 私、普段は海外に住んでいるため、年に1〜2度しかハウステンボスに行けません。

たった年に1〜2度しかハウステンボスに行けないのに、ホテルヨーロッパ以外のところに泊まるのは、本当は、ものすごーーーーーく嫌。

ハウステンボスには、贅沢しに行っているのに、何が悲しくて節約しなくちゃいけないの? 

節約は普段してるんだから、日本に行った時くらい贅沢したい。それがダメなら、せめてホテルアムステルダムのローラアシュレイルームに泊まりたい。

でも、甥っ子と娘のためだ、仕方ない。泣けるぜ。

2. 変なホテルは、娘と甥っ子は大喜びでした 小学生はね、喜ぶんですよ。
娘と甥っ子は、もう、大喜び。
建物に入った時から狂喜乱舞です。

私ですか? いや〜、もう「変なホテル」はいいかな。

娘と甥っ子の大喜びポイントは
1)掃除が全部ロボット

ルンバはもちろんのこと、窓拭きロボット、草刈りロボット。ぜーんぶロボット。
ルンバ、うちにあるじゃん。何をそんなに有難がっているのやら。

まあ、窓拭きロボットと草刈りロボットは、正直、私も欲しいわけですが。
草刈りロボットはこれ↓ 車みたいでかわいいかっこいい。




2)荷物預けるのもロボット
一回500円取られますけどね。クレーンゲームみたいで楽しいのでしょう。
これね、これ↓



けど、預けるための入力がけっこう鬱陶しくて、私の前の組のお年寄りは困っていらしたのでお手伝いすることになったし、後ろの組のカップルも困っていらしたので説明することになったし。

こういうちょっとしたことで、会話がはずむのは旅の醍醐味なので、いいっていうかむしろ楽しい。

でも、けっこう入力が鬱陶しいって、最初っからわかってるのに、側にスタッフが誰もいないってどうなの? 
コスト削減しすぎでしょ。

あそこに、私いなかったらお年寄りは永遠に荷物預けられなかったと思うし、後ろのカ…

ホテルアムステルダムのローラアシュレイルーム

本当はホテルヨーロッパ派の私ですが、2015年までは、ホテルアムステルダムのローラアシュレイルームを利用していました。

なぜかというと、ホテルヨーロッパのクラブラウンジは2015年までは、中学生未満の子どもは利用できなかったから。ですが、ホテルアムステルダムのローラアシュレイルームについているラウンジは、当時でも小さい子連れでも大丈夫だったの。


ローラアシュレイルーム 〜お部屋について〜 ローラアシュレイルームは、全て4Fにあり、お部屋はハーバー側とパーク側、そしてアムステルダムフェーン側(壁ビュー)に分かれます。アムステルフェーン側の部屋は、本当にアムステルフェーンの壁しか見えませんが、他の部屋(45平米)と比べると広く(61平米)、トリプルルームなどに充てられています。

どうしてもハーバー側、どうしてもパーク側という希望がある場合は、2017年5月現在、+3,000円で部屋の指定ができます。

例えば、花火の日にハーバー側指定したり、3Dプロジェクションマッピングを見るためにパーク側の部屋の中でも、3Dプロジェクションマッピングの見られる部屋にするなどです。
なお、部屋指定は、ローラアシュレイルームだけでなく、他の部屋でもできます。

私は、3Dプロジェクションマッピングやイルミネーションは外で見る派なので、ローラアシュレイルームに泊まる時には常にハーバー側指定です。
ローラアシュレイルームは、まあ、壁紙やらベッドスプレットやらがローラアシュレイってだけなんですが、なかなか良い感じのお部屋です。でも、私にはちょっと物足りない。
ホテルアムステルダムは、もともと、アーバンカジュアルを目指して創られたホテルで、そんなに「高級」を目指しているわけではないんです。だから、たとえスイートでも、そこそこカジュアル。壁紙やベッドスプレットがローラアシュレイでも、やっぱりカジュアル。
ただね、娘はとても喜びます。お花好きだから。
それに、やっぱり可愛いとは思います。
何かと重たい感じのホテルヨーロッパに比べると、ホテルアムステルダムのお部屋は明るいんです。そして、一番狭い部屋でも、広い! 天井も高い! 窓も大きい。
でも、私には、物足りないんだよね。 だって、私はハウステンボスには、たまの贅沢に来ているから。
お財布すっからかんになっても贅沢したい! 女王様扱いしてほしい! 部…

ホテルアムステルダム

便利で、可愛くて、明るくて、広いホテルアムステルダムは、家族連れにオススメ。

正直に言います。
熱い思いのあるホテルヨーロッパと違って、ホテルアムステルダムは、私にとっては「便利であまり高くなくて可愛い」くらいの感想しかないホテル。

でも、可愛くて、明るくて、広くて、窓が大きくて、本当にいいホテルなんです。
私が個人的に、ホテルヨーロッパが好きすぎるだけ。

ハウステンボスの夜明けをパーク内で堪能できるのはホテルアムステルダム宿泊者だけ 24時間ハウステンボスパーク内に出入りできるのは、ホテルアムステルダム宿泊者だけです。ハウステンボスの夜明けを園内で楽しむことは、ホテルヨーロッパ泊であってもできないんです。

そういう意味では、すごく特別なホテルなんですよ。

ホテルアムステルダムのコンサートもすごく良い ハウステンボス内のコンサートといえば、ホテルヨーロッパと思っている方も多いと思いますが、ホテルアムステルダムでも常時生演奏をやっています。

一生懸命聞いているゲストは少ないのだけど、そんなことは関係なしに質の高い演奏をしていて、なんだか申し訳なくなってくるくらい。


3Dプロジェクションマッピングが見える部屋もあるよ 私は、3Dプロジェクションマッピングは外で見る派なので、私にはあまり関係ないのですが、3Dプロジェクションマッピングが見える部屋もあります。

ただし、ハウステンボスでは常時4種類のプロジェクションマッピングをしていて、ハシゴしようとすればハシゴできて全部見られるんだけど、ホテルアムステルダムの部屋から見えるのは1種類だけです。


ハーバー側の部屋からの眺めが好き いろんな好みがあると思いますが、ホテルアムステルダムに泊まる時は、私はいつもハーバー側を指定します。大村湾が見えるだけなんだけど、海を見ているだけで幸せなので。

もちろん、ハーバー側の部屋なら、花火も綺麗に見えますよ。
ちなみに、実は別府も好きで(ハウステンボス関係ないけど)、別府でも海の見える部屋に泊まることが多いです。

レストラン:アクールベールはまあまあかな 本当にごめんなさい。 美味しいんですよ、アクールベール。
でもね、ブッフェってだけで、どんなに美味しくてもダメ。 それだけで萎えます、私。 メインダイニングがブッフェってどうよ。自分で取りに行くってどうよ。
はるばる飛行機にのって、すご…

20年前のバングラ美少女は、サイズ2.5倍の肝っ玉母さんになっていた

ハウステンボスと関係ないお話です。

20年前に気の合う友達だった美少女Abちゃん Ab(仮)ちゃんと知り合ったのは、20年前。
小柄で、華奢で、目の覚めるような美少女でした。

Abちゃんも私も、移民としてこの国にやってきました。

この国はそこそこ太っ腹なので、移民のために無料(5ドルくらいは払った気もする)の良質のESL教室(英語教室)を提供してくれます。

当時、まだギリギリ十代で、いいところのお嬢様の雰囲気のあるAbちゃんは、バングラディシュでカレッジを卒業していて、女子校で数学の先生をして、お見合いで結婚して、専業主婦になって、子供が3人できたところで、ご主人がこの国に移民を決意して、一緒にくっついてきたの〜。と、自己紹介でニコニコ語っていました。

とても3人の子持ちには見えない可憐さ、美しさ。
おしゃべり好きだけど、ちょっと儚げで、あまり気は強くなさそうで。

当時既におばちゃんの貫禄のある私でしたが、Abちゃんとは気が合い、お互い上手じゃない英語でガールズトークしてました。
もちろん、恋バナよ、恋バナ。主に、夫と知り合った時の話ね(当時、私は新婚)。

Abちゃんのお見合い結婚の話は、何回も聞かせてもらいました。彼女、話上手なの。
知ってる話だったけど、何回聞いても面白くて可愛い話だったから。

ある日、庭のブランコに20分ほど乗りなさい、と、お父さんに言われて、
「なんでいい大人がブランコなんだろう?」
と疑問には思ったけど、とりあえずブランコに乗って、20分漕ぎ続けたそうです。

「今にして思えば、それがお見合いだったのよね。」
「1ヶ月後には結婚式で、私はその時初めて、夫の顔をみたの。」

その時初めて見たご主人のことは、とっても大好きらしく、3人の子持ちになっていた当時も、まるで恋人のように初々しく、はずかしそうに語っていました。

美少女Abちゃんの変化 ある日、Abちゃんがすごくすごく悲しそうに言いました。
「明日のESLでのポットラック(持ち寄りパーティ)のために、鶏肉を用意したら、夫に怒られてしまったの。肉じゃなくて、米にしなさいって。みんなに美味しいバターチキンを食べてもらいたかったのに。お米しか用意できないの。」

Abちゃんはイスラム教徒。そして、イスラム教徒の男の人の言うことは絶対です。
特に、それが父親だったり夫だったりした場合には。

この国の…

ホテルヨーロッパ クラブラウンジ 〜至福の時〜

イメージ
ホテルヨーロッパのクラブラウンジで過ごす至福の時 クラブラウンジを利用したのは2ヶ月以上前なのに、思い出すと、まだニヤニヤしてしまいます。

普段は10円20円単位でちまちま節約しているのに、ホテルヨーロッパ泊、それもクラブラウンジ利用なんて、贅沢すぎる! って自分でも思うんですよ。

でもでも、ホテルヨーロッパのクラブラウンジを利用した思い出だけで、毎日ちまちま節約暮らししながらも、1年間は幸せに暮らせるのだから、その価値はあるかなと思います。


ホテルヨーロッパのクラブラウンジで、アフタヌーンティ&チェックイン まずは、アフタヌーンティをいただきながら、優雅にチェックイン。

いつもみたいに、
疲れた体で、フロントで立ってアタフタしながら、
「おか〜さ〜ん、どこに座ったらいい〜? 」とか、空気読まない娘をなだめながら、
残念な感じのチェックインしなくていいんです。

のんびり座って、ハウステンボスのパンフレット眺めながら、
「どこに行こうかな〜」なんて、きゃっきゃウフフと娘としゃべりながら、
スタッフの綺麗カワイイ系のお姉さんがセットアップしれたアフタヌーンティを楽しみながら、
文字通り、優雅にチェックイン。オホホ。

普段、シンクを磨き、台所のタイルの目地と格闘し、お手洗いを掃除している灰かぶりおばちゃんが、シンデレラ状態ですよ。それだけで嬉しくて泣ける。


ごめん、写真が斜めになってる上に、実は写真食べる前に、うっかり先に少し食べたので、盛り方が変(もっと綺麗に盛ってあった)。
でも、コレよ、コレ、これ食べながらチェックインなのよ!



ホテルヨーロッパのクラブラウンジについているもの さて、ホテルヨーロッパのクラブラウンジには、以下のもの全部ついてます。

アフタヌーンティ15:00〜16:30
夕方の軽食17:00〜19:30
お休み前のお飲み物20:00〜22:00
朝食7:00〜10:30
お昼の軽食11:00〜12:00

夕食と翌日の昼食は軽食って書いてるけど、軽食って言ったって、アレよ、ステーキとかついてるのよ。品数もすごく多いし、ちょっとずつしか食べてないはずなのに、お腹いっぱい。

焼き加減とかも当然のように、好みの焼き加減で持ってきてくれます。
クラブラウンジのすぐ隣にデ・アドミラルというレストランがあって、ステーキとかはそこの厨房で焼いてきてくれるの。

ち…

ホテルヨーロッパ

イメージ
私が一番好きなホテル、それは、ホテルヨーロッパです。
初めて泊まったのは、15年くらい前ですが、それ以来、ホテルヨーロッパの虜。 お財布さえ許せば、それ以外のところに泊まるのが苦痛になってしまうほど、ホテルヨーロッパを愛しています。
でも、その前まで、ハウステンボスから車で移動のあまりお値段の高くないところにも泊まったり、なんなら佐世保駅周辺のビジネスホテルでもOKでした。
もっとその前は、日帰りなんかもしていたわけで。ああ、若いってすばらしい。
今は、無理、日帰り、絶対無理。 っていうか、ホテルヨーロッパに泊まらないんなら、本当はハウステンボスに行っても仕方ないじゃん、とまで思っているくらい、私にとってはハウステンボスとホテルヨーロッパは同義語です。パークはおまけだね、ホテルヨーロッパが本命。

パークに行かなくても、ホテルヨーロッパのアンカーズラウンジでコンサートの生演奏聞きながらケーキ食べてるだけで至福。

まあ、娘がいるんで、仕方なく行きますけどね、パーク。

ーーーー
私の夫は、ホテルが好きなので、夫にくっついてけっこういろんなホテルに泊まっている方だと思うのですが、私にはホテルヨーロッパが本当にしっくりきます。
ヨーロッパや北米のちょっといい部屋とかに泊まると、なんとなくぎこちない動きになってしまい、居心地悪く感じてしまうのですが、ホテルヨーロッパではそれは感じません。

色々と、サービスとか、ホテルスタッフの態度とかが丁度いいんです。慇懃無礼ではなく、フレンドリーすぎず、丁寧に大切に、そして丁度よく扱ってもらっている感じがします。



ホテルヨーロッパは、ハウステンボスオープンと同時に1992年にオープンしています。オープンしてから既に24年も経っているので、古さは否めませんし、コンセントの位置とか、大きめのチェストとか、ところどころ使いにくいところもあります。でも、その古さが、廊下とかに置いてあるホンモノのアンティークの家具と調和がとれていてよい感じです。
そして!
この夏、ホテルヨーロッパのクラブラウンジ、使ってきました。
もうね、むっちゃくちゃ良かったです。
おかげで、ホテルヨーロッパ以外のホテルに泊まる気がしなくなってしまいました。 ホテルヨーロッパのクラブラウンジについては、また書きますね。

追記:ホテルヨーロッパのクラブラウンジについては、ココに書いてみました。その後…

ハウステンボスのホテル

ハウステンボスには、7つのオフィシャルホテルがあります。




東京ディズニーリゾートは、ディズニーホテル4つ、オフィシャルホテルは6つ。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、オフィシャルホテル5つ。




入園数考えたら、ホテル多すぎ。ハウステンボス。




だって、

2015年度の東京ディズニーリゾートの入園者数は両パーク合わせて3019万人。
2015年度のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入園者数は1390万人。




そして

2015年度のハウステンボスの入園者数は310万人。
なんだコレは!? 桁が1つ違うではないか。




しかし、ホテルありすぎと文句をタレつつ、全部のオフィシャルホテルに泊まったことがある私。

さすが、ハウステンボスにたっぷり貢いでます。これも愛ゆえ。




せっかく全部のホテルに泊まったことがあるので、明日からはホテルについて、ちょこちょこ書いてみます。
とりあえず、今日はオフィシャルホテルの分類みたいなものを載せておこう。

ハウステンボスのオフィシャルホテルの分類みたいなもの 1.スリーホテルズ(ハウステンボス直営ホテル)ホテルヨーロッパ ホテルアムステルダム フォレストヴィラ  2.スリーホテルズ以外のオフィシャルホテル (1)HIS直営ホテル
ウォーターマークホテル長崎 変なホテル  (2)ハウステンボス/HIS以外の経営のホテル
ホテル日航ハウステンボス ホテルオークラJRハウステンボス 

ハウステンボス愛を語る

ハウステンボス大好き はじめまして
Castellaと申します。

突然ですが、私はハウステンボスが大好きです。
もうね、ハウステンボスがオープンした時から好きなんです。
ハウステンボスがゴーストタウン化した時ですら好きでした。

新しくなったハウステンボスも、もちろん好き。

ハウステンボスの年パス持ってます 海外に住んでいるため、一時帰国の時しかハウステンボスに行けないのに好き。
年に1回しか一時帰国できないのに、年間パスポートを買っちゃって、しかも、それでちゃんと元がとれちゃうほど好きなんです! 
ええ、わかってます、わかってますとも。
ハウステンボスは万人受けしない場所。 アトラクションは色々増えてきたとはいえ、そのどれもが残念。  

小さい声でいいますが、私は東京ディズニーリゾートも好き。  
これも小さい声で言いますが、東京ディズニーリゾートのパークの方が、断然、完成度高いのも、客観的にはわかってる。

だけど、好きなものは好きだからしょうがない。
でも、海外生活の悲しさ。
地球の裏側でハウステンボスへの愛を叫んでも、誰もわかってくれない。

全てはハウステンボスへの愛をダダ漏れにするため ただただ、愛をダダ漏れにしたい。
だけど、地球の裏側で、ハウステンボス愛をダダ漏れにすると、すごく残念な人になってしまう。

Beautiful Japan 他に、誇るべきものがあるじゃない! 
何で日本なのにハウステンボス? 
とか言われちゃう。

ここは、そんな残念な私が、ハウステンボスへの愛を、ただただダダ漏れにするためのブログです。

でも、せっかくお越しいただいたからには、回り方の秘訣なり、秘密の裏技なり、
なにか、ちょこっとでもお役に立って、
「あら! ハウステンボス、なかなかいいじゃない!」
なんて、思ってもらえたら、ハウステンボスファン冥利に尽きるというものです。

こんな残念なブログにお立ち寄りくださって、本当にありがとうございます。