Translate

【悲報】行きたくなかった水の王国の3大プールで1日潰してしまった8月3日

もーヤダ、プール入ったら全ての計画がグダグダに壊れてしまいました。

今日の流れ

11:22 ハウステンボス駅着
11:30 ふくろうの館
11:50 ジパング探偵倶楽部受付→謎解きしながらアトラクションタウンへ
12:30 VRキングが90分待ちなのを見て諦める→謎解きしながらアムステルダムシティへ
13:00 ホテルアムステルダムにアーリーチェックイン→昼寝
15:30 昼寝から目覚める→ローラアシュレイラウンジでアフタヌーンティ→部屋で再び休憩
16:50 スパ&ラウンジプール
18:05 ジパング探偵倶楽部謎解き→答え合わせ&景品(絵葉書)もらう

ここまで予定通り、流れるような美しい移動、混雑は避け、以前より質が落ちただの動線が悪くなっただの文句言いつつもスパ&ラウンジプールで結構楽しく過ごしてたんだけど。。。



19:00 えええええええ!? ナイトスライダー行くの? マジっすか?



もうね、泣いていいですか?
 
「今日はVRキング行くんじゃなかったの?」
「ローラアシュレイの夕方のリフレッシュメントは20:00までだよ。」
「一回ホテル帰ろうよ。」
あの狭い暑い臭い汚い更衣室を使うことになるよ!?」

と、いう母の魂の叫びもなんのその。
ひゃっは〜と、ナイトスライダー&夜の三大プールに繰り出す娘を、母は止められなかったよ。

お腹すいたよ。。。
せめて普通に夕ご飯食べたいよ。。。
昼ごはん食べてないよ。。。
アフタヌーンティだけだよ。。。
お願いだから、夕方のリフレッシュメントだけでも。。。

ーーーーーー

21:30 「お願い、せっかくプロジェクションマッピングの見える部屋をとったのだから、それくらいは部屋から見てみようよ」の言葉でしぶしぶナイトプール&スライダーを後にする娘

21:50 全く優雅じゃない状態で、プロジェクションマッピングを部屋から鑑賞
22:00 入浴



どうしてこうなった!?
ジパング探偵倶楽部以外、全てプールで費やしてしまった1日目でした。


これってさ、子供にとっては

【朗報】ナイトプールはキラキラしてて、とっても楽しい! 夜のスライダーは混んでても暑くないから並ぶの辛くない

ってことだよね。




夕方のリフレッシュメント、すごーく楽しみにしてたのにな。
茶そば食べたかったな。



ーーーーー

そして更に、案の定、
「お母さん、私、疲れて、もう一歩も動けない、レストランに行く元気ない」
「ルームサービスとろうよ」
と、言い出す娘。

あのね、ここはね、ホテルアムステルダムなの。
ルームサービスはないの。
お母さんが買いに行くしかないのよ。
でも、部屋にアナタ一人残して、買い出しには行けないでしょ?

本当に困って、ローラアシュレイラウンジのお姉さんに、一番近くのお店で持ち帰りできるお店を尋ねたら、ホテルアムステルダム内のオークラウンジに一部持ち帰りメニューがあるとのこと。

本当はさ、ホテルアムステルダムの生演奏コンサート聞きながら娘と優雅に夜のお茶したかったなぁと思いながら、オークラウンジに持ち帰りメニューをオーダー。娘を長時間部屋に一人にしておけないので、出来上がったら、部屋に電話していただけるように依頼。

。。。ただ、ちょっとよかったことも一つ。
今回、私が本当に困って居るのを見かねて、ご厚意でそうしてくださったのだと思うし、ご迷惑をおかけしたくないから、詳しくは書かないけれど、ルームサービスに近いサービスをしてくださいました。

これ、外国だったら、頼んだものの50%くらいのチップ払ってもおかしくない。
どうやって感謝の気持ちを表したらいいかわからないけど、いつも出来るなんて思っていないし、非常手段だと思うけど、本当に助かりました。



娘、ピザ食べた途端に崩れ落ちるように就寝。
私も一緒に寝落ち。

そんな1日目でした。

コメント

ここ1週間で最も読まれた記事10選

知らないと損! 賢いチケットの買い方

8月23日加筆訂正:ハウステンボス水の王国ががっかりな6つの理由と、それでも攻略したい人に捧げる11章 2017年度版

2分で読める 混雑日のハウステンボスの快適な周り方

ハウステンボスに入れる「だけ」じゃない! ハウステンボスの年間パスポート

知らないと損! オフィシャルホテル特典を使いこなす -2017年4月版-

8月5日にグランドオープンのVRキング(VRジェットコースター)に、乗ってきたよ

全10種類! ハウステンボスのレンタサイクルガイド

ハウステンボスの花火 穴場5+4選 お金をかけず迷惑もかけず花火を見る方法

未就学児と遊ぶハウステンボス

殆ど全てのオフィシャルホテルから花火を観た私が、ホテルからの花火について書いてみる